セントラル短資FXが成功者に選ばれる理由【超名門FX会社の紹介】

2021年9月19日

セントラル短資FX

本記事は法律で認められた金融庁登録業者により書かれています。

安定した資産形成を目指す投資家にとって、長い付き合いとなるFX業者は重要です。
一方、どの業者で口座開設すれば良いか分からない人は多くいます。
本記事では、投資家の皆様がFX業者を選ぶ上で重要なポイントを解説します。
セントラル短資FXが成功者に選ばれる理由が分かります。
セントラル短資は日本で最も信頼できる(倒産しない)FX会社の一つです
FX業者で失敗したくない方は必見です。
セントラル短資FXとは

セントラル短資FX

記事の信頼性担保

【執筆】株式会社トリロジー
【登録】財務省近畿財務局長(金商)第372号
【加入】日本投資顧問業協会 会員番号022-00269
【加入】金融リテラシー協会 会員番号100-6001
【説明】投資家の皆様への継続支援を通じて金融立国に貢献します。

本記事では、下記の目次の内容を記載します。

セントラル短資FXが成功者に選ばれる理由

セントラル短資FXは、プロや熟練投資家のようなFXの成功者に好まれる超名門のFX会社です。

セントラル短資FX

多くの投資家にとって、成功者と同じ選択をするということは、自身の成功のためには極めて重要なことです。

では、なぜ、セントラル短資FXは成功者に選ばれるのでしょうか。

それは、セントラル短資が日本で最も信頼できる(倒産しない)FX会社の一つだからです。 日本で最も信頼できる(倒産しない)FX会社は、セントラル短資FXと上田ハーローFXの2社です

この2社は、【事業継続性】おいて、他社を圧倒しています。成功者にとって、FX会社の【事業継続性】は極めて重要な要素です。

【スプレッド】や【スワップポイント】といった初心者でも分かりやすい指標は、どの会社も大差がありません。また、各社の宣伝文句として出されている数字が、実際のトレードポイントにおいて、そのまま提示されるかどうかは不透明でありFX会社の性格によります。

FX会社ごとに差が現れるのは、【スプレッド】や【スワップポイント】のような宣伝文句的に分かりやすい指標ではありません。

重要な差は、もっと分かりにくい(表面化しにくい)その会社の信頼性であり、【事業継続性】です。

成功者は【事業継続性】を最も重視してFX会社を選んでいます。理由は、お宝ポジションや戦略的ナンピンポジションは長期間保有することになるためです。

あなたは、FX会社が倒産した時、自分が保有しているポジションの行方を考えたことがありますか??

基本的には、全て強制決済です。

つまり、FX会社の【事業継続性】が不透明だと、トレードとは無関係のリスクを背負うことになります。

セントラル短資FXや上田ハーローFXという2社は、【事業継続性】において他社を圧倒しているので、成功者が好んで口座開設をするのです。

成功者に選ばれる理由

セントラル短資FX

セントラル短資FXの信頼性(事業継続性)が他社を圧倒する理由

セントラル短資FXは日本に3社しかない短資会社のFX部門です。日本の短資会社は、セントラル短資の他に、上田八木短資、東京短資の3社しかありません。その中で一般投資家向けのFX部門を持っているのが、セントラル短資と上田八木短資です。

セントラル短資のFX部門 ⇒ セントラル短資FX
上田八木短資のFX部門 ⇒ 上田ハーローFX

と言います。

日本の金融機関の中で、短資会社が倒産するのは最後でしょう(次項で解説)。したがって、短資会社のFX部門で口座開設をすると、倒産の心配をすることなく、トレードに専念できることを意味しています。

また、短資会社は金融庁長官が直接認可・監督しているため、取引の透明性は極めて高いと言えます。

同じトレードロジックでも、FX会社が違えば、成績が全然違うことがあります。これは、FX会社の中がブラックボックスであるためです。したがって、取引の透明性は極めて重要です。

短資会社は安定した財務基盤を持ち、カバー先の金融機関は質・量ともに充実しているので、投資家のトレード成績を左右するようなブラックボックス的要素(スプレッドの急拡大やストップ狩り)と言われるような手段を取る必要がありません。

したがって、自分のトレード手法を確立している人ほど、FX会社の事情に気を取られることなくトレードに専念できる環境を好みます。

これらが、セントラル短資FXが成功者に選ばれる理由です。多くの投資家にとって、成功者と同じ選択をするということは、自身もFXで成功するために極めて重要なことです。

なお、短資会社が、金融市場において担う役割を理解できれば、その安定性が分かります。

他社を圧倒する理由

セントラル短資FX

短資会社の金融市場における役割とは

短資会社は、金融機関相互間で資金の運用や決済を行う市場(銀行間取引市場)において、主として1年未満の短期的な資金の貸借またはその媒介をしています。あの【日本銀行】も短資会社の取引対象です。つまり、短資会社の主たる取引対象が、【日本銀行】をはじめとする金融機関なので、短資会社の倒産は、日本の金融市場の破綻を意味しています。そのような理由から、短資会社の破綻リスクは極めて低く、短資会社のFX部門は最も安心してトレードに専念できる環境であると言えます。

金融市場におけるセントラル短資の役割を下図に示します。

セントラル短資は金融の中枢を担う

セントラル短資FX

FX会社選びにおける最重要ポイントが【事業継続性】である具体例

FXで超長期的な資産形成を目指す場合、どのFX会社で口座を開設するかは極めて重要なポイントです。FX会社のサービスとして重要な項目として、【スプレッド】【スワップポイント】の2点が注目されがちです。

しかし、遥かに重要な項目は別にあります。それは、FX会社の【事業継続性】です。

FXで長年利益を上げている投資家は、プロも含め同じFX会社を使っていることが多いです。長くFXをやっていると金融ショックによる為替レートの暴落に遭遇します。そのような場合、お宝ポジションを仕込めることがあります。リーマンショックであればAUDJPY=55円のようなレートです。このようなポジションは、利益確定まで長く保有します。しかし、利益確定までにFX会社が倒産してしまっては元も子もありません。

記憶に残っているのは、EURCHFのペッグが外れて暴落した時に、あのアルパリが破綻したことです。この際は、保有ポジションは全て強制決済されました。お宝ポジションがあったとしても解消です。戦略的なナンピンポジションも損失確定で決済です。

もちろん、他の会社が事業を引き継ぎ、ポジションが承継されるケースはあります。しかし、それはM&Aのような場合であり、倒産の場合ではほぼ確実にポジションが強制執行されることでしょう。

これらは、長期的かつ安定的な資産形成を考える場合に、FX会社の【事業継続性】が極めて重要なキーワードになる事例です。

FX会社は事業継続性で選ぶべき

セントラル短資FX

まず、FX会社選びで成功者と同じ選択をしよう

FXの初心者が、成功者と全く同じトレードをすることは、まず不可能でしょう。しかし、成功者と同じFX会社を選択することは可能です。初心者でも成功者と同じトレード環境を獲得することができます。投資においては、成功者と同じ選択をすることが極めて重要です。セントラル短資FXで口座開設をするということは、FXの成功者と同じスタートラインに立てるとも言えます。また、縁起を担ぐ意味でもセントラル短資FXはオススメです。

口座開設くらいは成功者と同じ選択をしよう

セントラル短資FX

セントラル短資FXの唯一の弱点はMT4が使えないこと

あえて、セントラル短資FXの弱点を挙げるならば、それはMT4を使えないことです。MT4が使えるなら、セントラル短資FXは、まさに国内最強・無敵のFX会社になるところです。

なお、MT4を使う利点は自動売買ですが、自動売買で長期的なポジション保有は考えにくいので、あえてセントラル短資FXがMT4を導入する理由はないのかもしれません。

セントラル短資FXの魅力について

我々は、短資会社としての信頼性から【セントラル短資FX】を選んでいますが、他にも様々な魅力があります。セントラル短資FXのHPには魅力が6つ紹介されています。セントラル短資FXの信頼度は抜群ですが、他のサービスも他社と比較して遜色ないことが分かります。

セントラル短資FXで、あなたのFX人生が成功されることを願ってやみません。

セントラル短資FX

セントラル短資FX

セントラル短資FX

広告