2021年2月19日チャート・テクニカル分析

エンベロープ1

エンベロープはバンド系テクニカル指標として、静的バンドの中で最も有名です。動的バンドとして有名なボリンジャーバンドの原型がエンベロープです。ボリンジャーバンドのバンド幅が値動きに応じて動的に変化するのに対して、エンベロープでは値動きに関係なく、常に一定幅の静的なバンドが描画されます。また、通貨ペアによって変動幅が異なるため、エンベロープの設定値は通貨ペアごとに変える必要があります。このブログ記事では、エンベロープの使い方と注意点について解説します。

2021年2月19日チャート・テクニカル分析

パラボリック-SAR

パラボリックはストップの指標としても最も有名です。パラボリックではSAR(Stop And Reverse)という点がチャートに表示され、この点が放物線(パラボリック)を描画することから名付けられました。SARがチャートと接触したタイミングでドテン売買を行います。パラボリックのトレードシグナルは、トレンド発生時には上手く機能しますが、レンジ相場では機能しにくいことが知られています。このブログ記事では、パラボリックの使い方と注意点について解説します。

2021年2月19日チャート・テクニカル分析

フィボナッチN波動

✅フィボナッチは、黄金分割比をFXに応用したテクニカル指標です。✅このブログ記事では、黄金分割比とフィボナッチの関係について他よりも詳しく解説し、実際の使い方を提示します。✅黄金分割比は、人間が本能的に美しいと感じる比率です。トレードは人間の本能に影響されます。よって、フィボナッチはFXにおいて重要です。裁量トレードも自動売買もFXチャートを分析しますので、チャートが黄金分割比を描くようにレートが動くことは自然な現象と言えます。

2021年2月19日チャート・テクニカル分析

RCI

RCIはオシレーター系テクニカル指標に分類されますが、トレンド系の性格も有しているのが特徴です。RCIは、統計学の『スピアマンの順位相関係数』をFXに応用したものです。RCIはトレード判断のメインを張るようなテクニカル指標ではありません。一方、根強い人気のあるテクニカル指標で、こだわって使うトレーダーもたまに見かけます。このブログ記事では、RCIの基本的な使い方を解説します。RCIは、ローソク足やチャートパターンのサポート役という考え方が重要です。

2021年2月19日チャート・テクニカル分析

FXにおけるストキャスティクス

ストキャスティクスはRSIを発展させたオシレーター系テクニカル指標です。RSIとともにオシレーター系テクニカルの代表格です。多くの投資家がストキャスティクスを見ています。FXで利益を出すためには、皆と同じ方向を向いてトレードすることが重要です。独自の解釈でテクニカル分析を行うと、他の市場参加者の投資行動から逸脱してしまうため、FXでは不利に働きます。このブログ記事では、ストキャスティクスの典型的な4パターンの使い方について詳しく解説します。

2021年2月19日チャート・テクニカル分析

RSI

RSIは代表的なオシレーター系テクニカル指標です。これは、多くの投資家がRSIを見ていることを意味しています。FXで利益を出すためには、皆と同じ方向を向いてトレードすることが重要です。一方、独自の解釈によってRSIを使っている投資家がいます。独自の解釈でテクニカル分析を行うと、他の市場参加者の投資行動から逸脱してしまうため、不利に働きます。このブログ記事では、RSIの使い方の典型的な5パターンについて詳しく解説します。RSIは応用範囲の広いテクニカル指標です。

2021年2月19日チャート・テクニカル分析

平均足チャート

平均足トレードの負けパターンには「平均足の陽線が連続すると買いシグナル」「平均足の陰線が継続すると売りシグナル」というのがあります。平均足は、同じ色の足が継続した時には既にトレンドがかなり進んでおり、出遅れていることがほとんどです。当社は、FX自動売買の先駆けとして、平均足ロジックをシステム化し、その有効性を長期計測してきました。このブログ記事では、平均足の正しい使い方を記載します。本記事を読めば、平均足トレードの無意味な負けを減らすことができると思います。

2021年2月18日チャート・テクニカル分析

FXの舞台となるチャートのすべて

✅FXチャートは、網羅的に理解しないと正しく使うことができません。チャートはトレードの基本となるローソク足の集合体です。市場の参加者は(人も機械も)皆がチャートを見ています。よって、参加者と同じ分析をしなければ、実際の値動きに合わせたトレードをできません。✅このブログ記事では、FXチャート分析の基本を解説し、典型的かつ鉄板のチャートパターンを提示します。本記事を読めば、皆と同じトレード判断ができ、トレードを有利に進められます。

2021年2月18日チャート・テクニカル分析

ローソク足のすべて

✅ローソク足はFXトレードの基盤ですが、どのサイトも同じことしか書いていません。ローソク足は奥が深く、Webマーケッターでは本質を語り尽くせないためです。しかし、投資家はきちんと理解する必要があります。✅このブログ記事では、ローソク足の網羅的な解説に加え、実践を視野に入れたシグナル強度についても解説します。シグナル強度は、他のサイトでは見かけませんが極めて重要です。ローソク足で失敗したくない方は是非ご覧ください。

2021年2月19日チャート・テクニカル分析

MACD

MACDはEMAから計算されるトレンド系テクニカル指標です。MACDは『指標の指標』の中で最も有名です。これは、多くの投資家がMACDを見ていることを意味しています。FXで利益を出すためには、皆と同じ方向を向いてトレードすることが重要です。一方、独自の解釈によってMACDを使っている投資家がいます。独自の解釈でテクニカル分析を行うと、他の市場参加者の投資行動から逸脱してしまうため、不利に働きます。このブログ記事では、MACDの使い方の基本を解説します。

2021年2月19日チャート・テクニカル分析

CCIの使い方

CCIはオシレーター系テクニカル指標です。概念的にはピボットの平均偏差をベースにしています。CCIは1本で判断する場合と2本で判断する場合(デュアルCCI)があります。CCIはトレード判断のメインを張るようなテクニカル指標ではありません。一方、CCIを教えて欲しいという相談は少なからずあります。根強い人気のあるテクニカル指標なのだと想像できます。このブログ記事では、CCIの基本的な使い方を解説します。CCIは、他のテクニカル指標と組み合わせることも重要です。

2021年2月19日チャート・テクニカル分析

移動平均線の使い方

移動平均線は、メインチャートに表示するトレンド系テクニカル指標の中で最も有名です。つまり、多くの投資家が移動平均線を見ていることになります。相場のトレンドに乗るためには、皆に合わせることが重要です。一方、独自の解釈によって移動平均線を使っている投資家がいます。自分では気づいていないだけかもしれません。しかし、FXにおけるオリジナリティは、多くの投資家にとって不利に働きます。このブログ記事では、移動平均線の中で最も基本となる単純平均の使い方を詳しく解説します。