MACDを使ったFXトレード

2020年11月20日

MACD

MACDを使ったFXトレード手法について知りたい方へ。

あなたはMACDを味方につけ、FXトレードを有利に進めたくありませんか?

本記事では、FXトレードにおけるMACDの使い方について解説し、その計算と実際の運用方法を紹介します。MACDに興味がある方は必見です。

執筆;株式会社トリロジー

登録;財務省近畿財務局長(金商)第372号

加入;投資顧問業協会 会員番号022-00269

説明;当社は、FXに特化した投資顧問です。

本記事では、下記の目次の内容を記載します。

MACDとは

MACD(マックディー)は、指数平滑移動平均線(EMA)の乖離を計算したテクニカル指標です。MACDは、短期EMAと長期EMAの差から計算されます。また、MACDの移動平均線を計算し、シグナル線(MACDシグナル)として使用されます。

MACD短期EMA-長期EMA
シグナル線MACDの単純移動平均(SMA)
MACDの計算方法

*MACD:Moving Average Convergence/Divergence Trading Method

MACDの使い方

一般的なパラメータとして、MACDは12期間と26期間が、MACDシグナルは9期間が使われます。

MACD12期間、26期間
シグナル線9期間
MACDのパラメータ

MACDを使ったトレードでは、クロス・0ライン・シグナル線の傾きの3点を考慮します。

トレード指標買いシグナル売りシグナル
MACD / シグナル線ゴールデンクロスデッドクロス
MACD / 0ライン上抜け下抜け
シグナル線の傾き上向きに転じる下向きに転じる
ダイバージェンス【安 値】↗
【MACD】↘
【高 値】↘
【MACD】↗
フィルター0ラインより下0ラインより上
MACDのトレードシグナル

トレード判定は、フィルターをかけることもあります。例えば、ゴールデンクロス・デッドクロスや、シグナル線の位置が0ラインよりも上か下かという感じでフィルターをかけます。とはいえ、基本は上表の4点であり、フィルターは応用です。

MACDの注意点

MACDはEMAから計算されるため、トレンド系に分類されるテクニカル指標です。 したがって、レンジ相場に弱い傾向があります。この弱点により、トレンド転換前のトレンド終盤における手仕舞いが遅れるケースが想定されます。

また、MACDはトレンド系のテクニカル指標なので、ダイバージェンスはトレンドの減衰を意味します。トレンドが弱くなった場合の次の値動きは、①トレンド転換する、②元のトレンドに戻る、③レンジ相場になる、という3パターンが考えられます。ダイバージェンスは①のトレンド転換を想定した逆張りシグナルですが、MACDの場合は、他のオシレーター系テクニカル指標のダイバージェンスよりも、②と③の可能性を念頭に置く必要があります。

MACDダイバージェンス

MACDダイバージェンスの精度を上げるための方法

「MACDの山の下落率、谷の上昇率を見る」ことでMACDダイバージェンスの精度を上げることができます。

MACDはEMAの差なので、MACDの山の高さ・谷の低さがほとんど変わらなければ、同じ程度のトレンドが発生していると見ることになります。

したがって、ダイバージェンスと見える現象が発生してもトレンドの転換とは言えないことがあります。

そこで、山の下落率や谷の上昇率を確認すれば、トレンドの減衰を判断し精度を上げることができるという考え方の基本になります。

MACDダイバージェンス2