ポンド円を完全攻略するEA「W2C-Ichiro」を徹底解説!

2021年10月29日

W2C-Ichiro
W2C-Ichiroは、4時間足の順張りトレンドフォローEAです。
ポンド円を完全攻略する高頻度トレードを実現しています。
100年以上にわたり生き残っているロジックを搭載しています。
これからも末永く為替相場に通用することを歴史が証明してくれています。
搭載するメインロジックは、W2C-Tigerと同じものです。
W2C-Ichiroは、Tiger(日足)よりもトレンド検知が早く、高頻度のトレードを実現します。
金融庁登録の株式会社トリロジーによる自社開発EAなので、安心してお使いいただけます。
W2Cブランドを取得しています。
記事の信頼性担保

【執筆】株式会社トリロジー
【登録】財務省近畿財務局長(金商)第372号
【加入】日本投資顧問業協会 会員番号022-00269
【加入】金融リテラシー協会 会員番号100-6001
【説明】投資家の皆様への継続支援を通じて金融立国に貢献します。

EA名価格(税込み)
W2C-Ichiro54,000 円
widget
【フォワード成績】W2C-Ichiro
widget
【Live運用】W2C-EAポートフォリオ
W2C-Angely・Tiger・WhiteTiger・Ichiro
C-Ichiroバックテスト結果2
W2C-Ichiro_QuantAnlyzer4

W2C-Ichiroは高頻度トレードの順張りトレンドフォローEAです。

W2C-Ichiroの特徴は、トレード回数の多さです。16年間(2005~2020年)のバックテスト期間中、9,714回のトレードを実現しています(最大3ポジ設定)。トレード数の多さは、バックテストデータの信頼性に直結します。これを4時間足という比較的長い時間軸で実現しています。

W2C-Tigerとの違いは、使用する時間軸の違いです。

W2C-Ichiro4時間足
W2C-Tiger日足

Ichiroは4時間足、Tigerは日足なので、Ichiroの方がトレンド検知が早くなります。

一方、トレードシグナルの強度は日足の方が強いので、Tigerの方がエントリーの信頼性は高いと言えます。

W2C-Ichiroは、200年間にわたり通用し続けているトレードロジックを搭載しています。トレンドを形成しやすい通貨ペアにおいて無類の強さを発揮します。

パラメータは3次元的に抽出され、これに時間軸を加えることで4次元的に最適なトレードを執行する、3 on 1 Dimension Zone Trading (3 on 1DZT)という技術を採用しています。これらにより、W2C-Ichiroは、今後も永続的に安定した成績が期待できます。

W2C-Ichiroは、トレードロジック、バックテスト、ウォークフォワードテストを多角的に分析した結果、優秀なEAに与えられるW2Cブランドを取得しています。

W2C-Ichiroを、あなたの人生の宝物にしていただきたいと思います。

W2C-Ichiroのイメージは10年後に約4.8倍、年利16.9%!

W2C-Ichiroは、即金性の高い資産運用ツールです。例えば、ある程度の資産があるシニア層なら、その大きな恩恵をすぐに受けることができます。FX自動売買システムの性格上、すぐに利益を生み出せるためです。長期間、資産を寝かせる必要がありません。

積み立てNISAのような投資信託は、長い時間を味方につけて資産形成をすることが特徴ですので、シニア層との親和性が高くありません。実は、即金性の高いFX自動売買こそ、シニア層に最適な投資手法と言えます。

16年間のバックテストでは、獲得利益が $54,025.67、最大ドローダウンが $5,608.47 です。年利換算だと、33.8%です。バックテストの結果から言えることは、1,000万円の口座でW2C-Ichiroを動かせば、単利でも毎年平均して338万円程度が得られる計算になります。

最大ドローダウンがやや大きいので、リスクを半分にして運用しても良いでしょう。複利で運用するなら、狙う利益は半分(16.9%)でも十分です。次に、16.9%で複利運用した結果をお示しします。

若年層なら複利運用が効果的に働き、絶大な威力を発揮します。

W2C-Ichiroによる複利運用の成績

若年層がW2C-Ichiroを使う場合、少額からでも莫大な資産形成を可能にする複利運用をオススメします。W2C-Angelyの平均年利16.9%での複利運用結果です。

30年間の複利運用により、
10万円で始めた場合は、約1,080万円、
100万円で始めた場合は、約1億800万円になる計算です。

若年層の場合は時間を味方につけることができるので、絶大な可能性が開けます。

なお、若年層の資産運用ツールとしては、積み立てNISAのような投資信託の方が有利な場合があります。積み立てNISAは20年以上の長い期間をかけて、時間を味方につけて資産形成を行うもので、税制優遇もあります。FXの利益には20.315%の税金がかかりますので、税金も考慮に入れると良いでしょう。

10年のバックテスト、6年のウォークフォワードテストをクリア

StrategyTester_W2C-Ichiro

W2C-Ichiroは、2011年から2020年まで10年間のヒストリカルデータで最適化されており、2005年から2020年までの16年間のバックテストをクリアしています。

つまり、2005年間から2010年までのバックテストは、最適化の工程に含まれない、ウォークフォワードテストになります。

最適化工程に含まれていないリーマンショック相場でも、順調に利益を積み重ねていることが分かります。

EAスコアは、41.2~46.7を獲得

EAスコアは、当サイトオリジナルの評価基準です。

詳しくは、「【EA採点ツール】「EAスコア」でFX自動売買を点数化!【業界初】」をご参照ください。W2C-Ichiroは、Sell、Buyそれぞれにおいて、取り得る最大のポジション数を2~4ポジションの間で設定します(MaxPositionofNumber)。

最大ポジション数EAスコア
241.2
344.6
446.7

あなたが気になるEAとスコアを比較してみてください。このスコアが如何に優秀であるかが分かると思います。

バックテスト結果(StrategyTesterReport)も理想的

W2C-Ichiroは、StrategyTesterReport(バックテスト結果)も理想的です。

✅ 利大損小の王道ロジック

✅ 圧倒的なトレード数

✅ 理にかなった勝率 32.55% ~ 32.69%

✅ 理想的な資産曲線

✅ オーバーフィッティングの可能性は限りなくゼロ

最大ポジション数=2

W2C-Ichiroバックテスト結果1

最大ポジション数=3(推奨値)

C-Ichiroバックテスト結果2

最大ポジション数=4

C-Ichiroバックテスト結果3

W2C-Tigerの最大ポジション数の推奨値は3です。

QuantAnalyzerによる分析

W2C-Ichiroの StrategyTesterReport(ポジション数=3)をQuantAnalyzerにより分析した結果です。16年のバックテスト期間中、通年で利益が出る年は14回あります。これはロジックの優位性を示すものです。

QuantAnalyzer4による分析(各年の損益)

モンテカルロ法による分析

QuantAnalyzer4を用いたモンテカルロ法による分析結果を紹介します。設定は最もシビアな結果になる「Randomize trades order with Resampling method」と「Randomly skip trades with 1% probability」を選択しています。このシビアな設定でも、W2C-Ichiroは余裕でクリアしています。巷に溢れるEAの多くが破綻する設定です。

モンテカルロ法による資産曲線のシミュレーション

QuantAnalyzerのモンテカルロ法を使うと、バックテストを元に最悪から最良までをシミュレーションできます。バックテストがそのままリアルフォーワードの成績に直結することはありません。上図のようにバックテストデータから1%を削除し、更に再抽出をするという方法を取ることで、バックテスト通りにトレードが進まない過酷な状況で得られる成績をシミュレーションすることができます。

最近では、売り切りEAでもQuantAnalyzer4の結果を載せているケースが増えてきました。しかし、このモンテカルロ法によるテストをしていませんので注意深く見てみてください。ほとんどのEAはこのテストにより破綻するため載せないのです。

モンテカルロ法から算出された信頼水準を踏まえた結果

バックテスト結果(StrategyTesterReport)にモンテカルロ法を適用すると、信頼水準ともに各データを補正してくれます。グレーのラインが、95%の信頼水準をもって担保できる成績ということになります。

モンテカルロ法を適用すると、その都度異なる結果が出てきます。したがって、より精度を高めるためには、モンテカルロ法を複数回適用し、その平均と標準偏差(標準誤差)を算出し、データの頑健性を確保すると良いでしょう。

95%信頼水準の結果を統計分析

W2C-Ichiroに関するよくある質問と回答

W2C-Ichiroに寄せられる質問と回答です。

W2C-Tigerとの違いは何ですか?

トレード時間軸の違いです。W2C-Ichiroは4時間足、W2C-Tigerは日足でトレードします。トレードの確度や信頼性は日足の方が優位ですが、4時間足の方がトレード回数を重ねることができます。トレード回数が増えれば、バックテストの統計学的信頼性を高めることができるという利点があります。

W2C-Tigerは確度の高い日足、W2C-Ichiroは統計学的な信頼性を得やすい4時間足という棲み分けに加えて、トレンド検知にも差があります。

W2C-Ichiroは4時間足の特性から、日足のTigerよりもトレンド検知が早いので、出遅れの心配がありません。一方で、トレンドを十分に判断してエントリーするTigerと比べて、勝率が下がる傾向があります。

必要な原資はどのくらいですか?

10万円以上を推奨しています。

なぜ、世の中のEAは高勝率の利小損大ばかりなのですか?

高勝率の利小損大EAの方が短期的には売れるからです。売り切りEAの個人の販売者は、5年先、10年先の未来を見る必要がありません。その時に売れれば良いのです。たまたま3年くらいは勝ち続けている高勝率EAもあるかもしれません。しかし、そのようなEAは少しの負けでそれまでの利益は吹き飛びます。これが高勝率EAの宿命です。長期間の資産形成をゆだねるなら、そのようなEAに手を出すべきではありません。

どのくらいの期間使えば、利益が出ますか?

最低でも1年以上は継続稼働していただきたいと思います。時を重ねれば重ねるほど、成績はそのEAの実力に収束します。W2C-Angelyは永続的な資産形成を実現するためのFX自動売買システムです。目先の勝敗に一喜一憂せずにどっしりと構えて本物の資産形成を実現していただきたいと思います。

EA名価格(税込み)
W2C-Ichiro54,000 円
W2C-Angely
W2C-Tiger
W2C-WhiteTiger
W2C-Ichiro


広告